旦那と本気で別れたいけど別れられない 主婦の息抜き方法とは

結婚生活に疲れたなら、癒し相手を求めましょう

 

カップルの場合だと少しでもズレを感じたら簡単に別れを告げることができますが、法律で結ばれた夫婦はそうも行きませんよね。

 

専業主婦である場合は「この先どうやって暮らしていこう」という経済的不安が芽生えたり、お子さんがいる場合だと「この子のためにも我慢しなくては…」という気持ちになったり…

 

会社や親戚関係への世間体を気にしてしまう方もいるかもしれません。

 

夫が嫌いで仕方がないけれど様々な理由で離婚を選べず、耐え忍んでいる彼女たち。

 

割り切って所謂仮面夫婦の道を続けているうちに、ふと焦燥感にさいなまれることだってあるでしょう。

 

そんな日々を乗り切るためにも、ちょっとした息抜き方法をお教えします。

 

それは「ご主人以外の男性に目を向けること」。

 

かつて経験があると思うのですが、誰かに夢中になっている時は日常の嫌なことや辛いことを簡単に乗り越えられませんでしたか?

 

その気持ちを利用して、日々のモヤモヤを霞ませていきましょう。

 

結婚した後は御主人だけを見なくてはいけないと思いがちですが、頭の中で妄想で楽しむ分には何ら悪いことはありません。

 

取引先の方や普段荷物を運んでくれる配送業の男性…良く行くお店の店員さんでもいいでしょう。

 

「この人素敵だな」と思ったら、その人のことを定期的に考えるようにしてみてください。

 

いつしかあなたの中でその人の存在が大きくなって、実際に顔を合わせるたびにドキドキするようになるはず。

 

妄想だけじゃ物足りない!という方は、出会い系サイトやSNSを利用するのもアリでしょう。

 

実際にメールや電話、デートが出来てしまうので、さびれた心を癒すには持って来いです。

 

しかしバレた時のデメリットも考えて慎重に行動するよう心がけてくださいね。

 

結婚生活に疲れた人の理由って何? 旦那のストレスで吐き気がしそう

 

結婚して幸せだ!」と豪語している女性って珍しいのではないでしょうか?

 

ランチライムやティータイムのカフェを覗いてみても盛り上がっている話題は旦那さんへの愚痴だったりしますし、熟年離婚なんて言葉が生まれたのも考えると、大抵の主婦が旦那さんに対し不満を抱えながら日々を過ごされていると思います。

 

独身の方からしてみたら「カップルの時は幸せだったであろう2人なのに何故?」と思われるかもしれませんが、結婚生活とカップル生活はまったくもって別物。

 

結婚すれば経済的な問題、親戚関係、子どもの問題など多くのしがらみが出てきます。

 

その問題に正面から2人で向き合っていけるのが理想なのですが、多くの夫婦は片方が我慢する方向にいってしまいがち。

 

その結果結婚生活の疲れに発展してしまうのでしょう。

 

またそういった問題以外にも日常生活での様々なストレスが溜まりに溜まって爆発しそうな方も沢山います。

 

旦那さんが「ありがとう」「ごちそうさま」を言わなくなる、家庭での自分のミスを擦り付けようとしてくる、共働きなのに家事を奥様にだけさせる、奥様が聞いてほしいことがあるのにゲームや趣味に夢中で耳を傾けようとしない等々…

 

一度であれば「次は気を付けてね」で済む問題ばかりかもしれませんが、何度も続くとウンザリする気持ちがわからなくはありません。

 

パーソナルスペースで共存するからには、お互いを思い遣る気持ちが大切です。

 

それを忘れてしまった旦那さんと共に過ごすくらいなら一人で生きた方が気が楽だと思ってしまうのも当然のことなのかも。